みなさんこんにちは。
中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さま専門の身近な相談パートナーである1社平均経常利益120%増|補助金・助成金平均獲得750万円実績の一般社団法人中小企業事業サポートセンターです。

今回の業種別 補助金・助成金活用事例は、電力監視システムの事例紹介になります。申請ポイントは、生産性向上させ、労働時間短縮が見込める設備がポイントです。

ブリキ缶・その他のめっき板等製品製造業|洋食器・刃物・手道具・金物類製造業|暖房・調理等装置,配管工事用附属品製造業|建設用・建築用金属製品製造業|金属素形材製品製造業|金属被覆・彫刻業,熱処理業|金属線製品製造業|ボルト・ナット・リベット・小ねじ・木ねじ等製造業|その他の金属製品製造業|

導入前

電力監視システム導入前は、製品の適正電気が把握できていなかったので、不良品が発生していた。そのためやり直し等の残業が発生していた。

導入後

電力監視システムを導入することにより、部品ごとの適正電気を確定し不良低減ができた。個々の製品の適正電気が把握できたため、不良の製品が今までの半分になり、やり直し等の残業時間が少なくなり、その分の生産性が5%程度の向上を図ることができた。

金属製品製造業経営者さまのみなさん。経営課題を解決するキッカケとなる補助金・助成金を活用してみませんか?一人でも多くの社長のお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

↓↓無料相談のお申し込みはこちら↓↓

補助金や助成金情報は毎日のように変更・追加されていますので最新情報は随時、中小企業事業サポートセンターにお気軽にご相談ください。日本全国の中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さまを対面・オンラインでサポートしています。

    お問い合わせ項目 (必須)