みなさんこんにちは。
中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さま専門の身近な相談パートナーである1社平均経常利益120%増|補助金・助成金平均獲得750万円実績の一般社団法人中小企業事業サポートセンターです。

今回の業種別 補助金・助成金活用事例は、パンツプレス機の事例紹介になります。申請ポイントは、生産性向上させ、労働時間短縮が見込める設備がポイントです。

洗濯業|理容業|美容業|一般公衆浴場業|その他の公衆浴場業|その他の洗濯・理容・美容・浴場業|

導入前

パンツプレス機導入前は、ズボンの仕上げにおける工程は1.腰まわり、2.右足、3.左足となる。当店ではウールプレス機を用い2、3の脚部分の仕上げは機械仕上げをしているが、腰まわりについては手仕上げでアイロンがけ作業をしている。手仕上げの方が細かい部分まで対応できる利点はあるものの、経験を要するため新人さんだと品質に問題が生じるし、また仕上げにかかる時間も長くなる。

導入後

この課題を解決するにあたりパンツプレス機を導入した。パンツトッパーとは蒸気とエアーで腰まわりのボリュームを作ると同時に全体のシワを伸ばし、その後の仕上げを楽にする専用機である。腰まわりの仕上げにかかる時間が手仕上げの場合の半分以下の40秒ほどで終了する。そのためズボン1本にかかる所要時間は2分ほどとなり、1時間で仕上げられる数が約24本となる。その結果生産性は手仕上げの時のおよそ7割アップした。機械化により手仕上げの部分を最小にすることで、ある一定の品質を保持し生産性の向上にもつながり、オペレーターの交代も可能となる。また、工程時間が短縮されることで燃費も改善され、コストダウンも期待できる。

クリーニング経営者さまのみなさん。経営課題を解決するキッカケとなる補助金・助成金を活用してみませんか?一人でも多くの社長のお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

↓↓無料相談のお申し込みはこちら↓↓

補助金や助成金情報は毎日のように変更・追加されていますので最新情報は随時、中小企業事業サポートセンターにお気軽にご相談ください。日本全国の中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さまを対面・オンラインでサポートしています。

    お問い合わせ項目 (必須)