みなさんこんにちは。
中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さま専門の身近な相談パートナーである1社平均経常利益120%増|補助金・助成金平均獲得750万円実績の一般社団法人中小企業事業サポートセンターです。

今回の業種別 補助金・助成金活用事例は、3次元CADソフトの事例紹介になります。申請ポイントは、生産性向上させ、労働時間短縮が見込める設備がポイントです。

法律事務所・特許事務所|公証人役場・司法書士事務所・土地家屋調査士事務所|行政書士事務所|公認会計士事務所・税理士事務所|社会保険労務士事務所|デザイン業|著述・芸術家業|経営コンサルタント業|その他の専門サービス業|

導入前

3次元CADソフト前は、主に二次元CADで、平面図・立面図・パース等を別々に手作業で作成しており、家1棟あたり約1週間(作業時間にして約50時間)と膨大な時間がかかり従業員の残業の大きな要因となっていた。

導入後

この度CADソフト(3次元)を導入したことにより、平面図の入力で自動的に立面図・パース等が作成され、短時間で計算が出来ることとなり2日間程度(約15時間)で完成できるようになり業務改善に大きく寄与した。また、お客様へのプレゼンテーション資料作成も現在3日間(約20時間)程度費やしていたのが、1日間(約5時間)程度になり、大幅な時間短縮となり従業員の残業時間の削減につながった。

専門サービス経営者さまのみなさん。経営課題を解決するキッカケとなる補助金・助成金を活用してみませんか?一人でも多くの社長のお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

↓↓無料相談のお申し込みはこちら↓↓

補助金や助成金情報は毎日のように変更・追加されていますので最新情報は随時、中小企業事業サポートセンターにお気軽にご相談ください。日本全国の中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さまを対面・オンラインでサポートしています。

    お問い合わせ項目 (必須)