みなさんこんにちは。
中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さま専門の身近な相談パートナーである1社平均経常利益120%増|補助金・助成金平均獲得750万円実績の一般社団法人中小企業事業サポートセンターです。

今回の業種別 補助金・助成金活用事例は、手術用顕微鏡用焦点深度伸長レンズの事例紹介になります。申請ポイントは、生産性向上させ、労働時間短縮が見込める設備がポイントです。

病院|一般診療所|歯科診療所|助産・看護業|療術業|医療に附帯するサービス業|

導入前

手術用顕微鏡用焦点深度伸長レンズ導入前は、歯石除去の際、4本連続の歯牙を行い、その際焦点合わせがおよそ10回程度必要で、1回の焦点合わせが1~2分程度必要であった。

導入後

手術用顕微鏡用焦点深度伸長レンズ導入により、口腔全体が焦点深度領域となりに、焦点合わせの作業の省略化によって患者1人当たりの診療時間が20分程度短縮できた。

医療業経営者さまのみなさん。経営課題を解決するキッカケとなる補助金・助成金を活用してみませんか?一人でも多くの社長のお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

↓↓無料相談のお申し込みはこちら↓↓

補助金や助成金情報は毎日のように変更・追加されていますので最新情報は随時、中小企業事業サポートセンターにお気軽にご相談ください。日本全国の中小企業・小規模事業者さま及び個人事業主さまを対面・オンラインでサポートしています。

    お問い合わせ項目 (必須)